スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カメナシさん家の日常 -和也&竜 篇-  

2007年10月01日 12:47

ヒサビサに書いちゃった(笑)

しかもアレですよ。

「爆音天使 亀梨和也 降臨」ネタで(笑)

ドリボズ終わって今更?!って気がしなくもないですが・・・
まあ良いじゃん良いじゃん(笑)


そんなヒサビサのパロは追記から~。



10/1 16:23
内容ちょーっとばかし変更しましたです。

竜視点で仁と隼人が友情出演してます(笑)


K・・・カメ
R・・・竜

J・・・仁
H・・・隼人




K「ねーねー竜、見て見て!!」


そう言いながら部屋に乱入してきた和也。
帰ってきて早々何をしていたかと思えば・・・何でバスローブなんか着てんだ?


R「・・・・・・・・何これ」

K「あのね、仁に貰った!舞台頑張れるようにって!!」


そう言いながらくるくるとその場で回って見せる和也。
ウチだから良いけど・・・足、肌蹴てるし。


R「・・・・・・・・・・・へー(爆音・・・?)」

K「コレさ、背中刺繍すっげーの!!格好良くない??」

R「・・・・・・・・・・・まあ、良いんじゃね?(つか天使って)」

K「でしょー!でしょー!!
なんかさ、コレ着ると気合い入るっていうか頑張れちゃうんだよ!
凄くない?これ、凄くない??流石は仁だよね!」

R「・・・・・・・・(こういう格好したヤツ、いたな・・・昔)」


一瞬、ちょっとどうかと思ったけど・・・
和也の気合いが入るんだったら良いか、と思ってしまう単純な俺。


K「でもさ、この部分・・・俺っぽくないよね」

R「・・・・・どの部分?(レディースの総長だったけど、アイツ)」

K「天上天下唯我独尊ってとこ。それってむしろ仁じゃん」

R「あー、確かにな」

K「そういやさー、仁のヤツ、今度家でコレ着ろって言うんだよ?」

R「・・・・・・・・・・・・は?」


ちょっと待て。
今・・・何て言った?


K「流石にさー、こんなに派手なの家で着てたら変だよね」

R「そうだな・・・。仁の前で着るのは止めとけ」

K「だよね?変な事言うよなー、仁のヤツ」

R「・・・・・・ふーん・・・家で、ね・・・・・・(ぼそ)」


次会った時が楽しみだな、仁。
首洗って待ってろ(笑顔)




J「っ?!!」

H「なに、どうした?」

J「や・・・今、すっげー背筋がゾワァァってした・・・」


せいぜい夜道は気を付けて歩くんだな、仁(by竜)






もしもあのバスローブが旦那からの貢物だったら<カメナシさん家ver.>篇(笑)



天上天下唯我独尊=仁、というのは・・・
初めてあの画像見た時にも思ったことで・・・

つまり

自分の名前背負うと共に仁も背負ってるー、とか思っちゃったのよ。
ええ、おめでたい頭ですな、あたし(笑)


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。