スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キタキタキタぁぁーーー!!!!@カメドラマ発表<追記あり>

2008年11月03日 09:27

この日を・・・


この日をどんだけ待ち望んだ事か!!ヾ(*´∀`*)ノ゛ キャッキャッ


カメ、新ドラマ「神の雫」主演決定!!!!

日テレ火曜22時~ 1月よりスタート!! 報知




おめでとーーーおめでとーーーカメーーー!!!

有閑枠でのドラマおめでとーーー!!!(←それかい)





どうやら原作は漫画らしーですな。
となると・・・コレかな?
あらずじあらすじっぽいのとかレビュー読むと・・・面白そう!!
ああああらずじってなんだ orz

・・・主人公、「神咲 雫」っていうみたいだけど、この人だよね?カメの役って。

・・・・・・・・・・・。

中性的な名前キターーーーー(゚∀゚)ーーーーーー!!!

何だろう。
何でだろう。
ただ名前が「雫」っていうだけなのに・・・
テンションがダダ上がりするのは(笑)

そしてついつい

「薔薇の無い花屋」思い出しちった・・・

だって!同じ名前だしー。




サラリーマンだけど・・・なんか色々あるみたいだーね、雫は。
つかサラリーマンか・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・。

ネクタイをシュルリと取っちゃったりするとかも有り得るってことですか?!

・・・・・・・おおっと、妄想が先走ってついつい(じゅるり)









主題歌はどうなるの?

ゆっちのもあるけどどうなるの?

・・・手っ取り早く

次のNEWシングルはダブルA面シングルにするっていうのはどうだろうか

ねえ?ジャニ御大(や、こんなトコで言われても)






しかしアレだな

「ナツ」が出てきたと思ったら「雫」も増えちゃったよ。

・・・どうやって会わせようか(フライング妄想は止めなさい)


追記は簡単なあらすじでしー。
や、ホント簡単な、ですが。


追記>
ウィキ検索結果を追記しましたですー。
・・・ワイン、奥が深いぜっ。



密林さんレビューによると・・・

「超有名ワイン評論家を父に持つ主人公と、そのライバルである、父によって養子縁組された若き天才ワイン評論家とが、究極のメニューならぬ究極のワインを巡って対決していくという」

ものらしいっすよvv
ふわーー!!ふわーー!!なんて美味しい設定!!
つか「美味しんぼ」だな、うん(笑)

「英才教育を施された主人公、偉大な父、相棒の女の子、馴染みの店の知恵袋的主人、最強の老人」

が出てくるみたいだからねえ・・・
偉大な父・・・さささささとうこーいちさんを!!ええ!!再び!!是非!!(←自分が好きなだけ)



なんか・・・

調べれば調べるほど設定が萌える orz



ちなみにウィキ調べだと・・・

「フランス料理店でソムリエ見習いとして働く紫野原みやびは、ワインに関する間違いを指摘したことで客の機嫌を損ねてしまった。
だが、そこでその客の連れとして来ていた神咲雫の神業のようなデキャンタージュ(※1)によって救われる。

ビール会社で営業マンとして働く雫は、新たに設けられるワイン事業部への異動を命じられる。
その異動は、父親が世界的なワイン評論家であるということと関係があるらしいが、雫はそんな父親に反発して、ワインに関してはまったくの素人であった。

そんな時、突然の父親の訃報。彼はある遺言を残していた。
それは、彼が選んだ12本の偉大なワイン『十二使徒』と、その頂点に立つ『神の雫』と呼ばれる幻の1本が何年作の何というワインなのかを期限までに『すべて』当てた者に遺産の全てを譲渡するというものであった」


※1)デキャンタージュウィキ
ワイン(特に赤ワイン)を提供する際に、デキャンタと呼ばれるガラス容器を用いて同様の操作(デカンタージュもしくはデキャンタージュ)が行われる場合がある。これは沈殿物(澱)の除去の他、ワインの酸化に伴う芳香をより鮮明にするなどの目的で行われる。

  



神咲 雫(かんざき しずく)
ビール会社・太陽ビールの営業マン。ワイン事業部に異動になる。
幼い頃から父親にワインの英才教育を受けてきたが、そんな父親に嫌気が差しビール会社に就職した。
嗅覚は敏感で、表現力と感覚は父親譲りだが、ワインに関する知識はほとんど持たない。

紫野原 みやび(しのはら みやび)
仏料理店でソムリエ見習いとして働く実直な女性。
知識だけはソムリエ並だが、試験にはなかなか合格できないでいる。
後に、アドバイザーとして太陽ビールに契約社員として雇用される。

神咲 豊多香(かんざき ゆたか)
雫の父親。世界的なワイン評論家。
世界有数のワインコレクターで、所有するワインの市場価格の総額は20億円相当と言われる。膵臓癌で死亡し、ある遺言を残す。

遠峰 一青(とおみね いっせい)
若手のワイン評論家。
神咲豊多香のワインコレクションが欲しいがために、養子縁組をし、雫とともに遺言を受ける。雫のライバル。

うぃき



・・・なんかおとーさんに反発してる竜ちゃんみたいに思えてきた(笑)
え、ちょ、そんな設定萌えるに決まってんじゃないかー!!! orz
だってー!!
パパンから英才教育を受けてるにも係わらず、反発してビール会社に就職て!
英才教育を受けていた=期待されていた、って事だから・・・それが重荷になってったのかもねー。
でも染み付いた英才教育はふとした事で発揮される、みたいな?
父親譲りの表現力と感覚とかーーー!!(うひょー)
あたしこういう設定に弱いんです・・・。
本人にその気が無いにしろ、ずば抜けた才能の持ち主、とか orz


そして一番気になるのがその他の配役!!
ええ、パパンと義兄弟の一青が!!誰?!誰がやんの?!!!
ワインコレクションが欲しいが為に養子縁組するとかそんな事するのは誰?!


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。