スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひひひ、ひむろっくが・・・!!!

2008年05月14日 12:53

え?

ええ??

えええええ???!!!!


ひむろっくがセルフカバーですか?!


ロック歌手の氷室京介(47)がKAT-TUNに提供した「Keep the faith」をセルフカバーすることになった。6月11日に発売するソロデビュー20周年記念のベスト盤「ジャスト・ムービン・オン オール・ザ・シット」に収録する。

 氷室が作詞、作曲した「Keep the faith」は、KAT-TUNの5枚目のシングル。昨年11月に発売され、50万枚を突破。これを氷室がソロデビュー20周年記念作品の1つとして、満を持してセルフカバーする。GLAYのギタリスト、HISASHI(36)に編曲を依頼する気合の入りぶりだ。

 歌詞は大幅に変わった。KAT-TUNバージョンは歌詞は「俺(オレ)ら」としたが、今作では「俺」。独特の艶やかな声色は健在で、KAT-TUNとは違った大人の色気が漂うロックナンバーに仕上がった。

 この曲は06年に芸能活動休止問題で揺れた赤西の生きざまに共感して書き下ろした。シングルが発売された当時、氷室は「自分がまだ若かった頃のどうしようもない不安や焦りや、もどかしさを思い出して、会ったことのない彼に心のどこかでエールを送っていました」と、KAT-TUNのホームページにメッセージを寄せた。ロックバンド「BOφWY」の結成から27年、常に「孤高」と呼ばれて生きてきた氷室だからこそ、赤西の苦しみが理解できた。

 そんな後輩たちへメッセージも込めた。サビの歌詞が、KAT-TUN版が♪You show me the faith・・・なのに対し、氷室版は♪I show you・・・。自ら「faith(信念)」を後輩へ示してみせた。最近の言葉で言うなら、氷室なりのKAT-TUNへのアンサーソングなのだろう。



  すぽにち



わ、コレすっごい聞いてみたい!!
だって!!だって!!

ヒサシが編曲!!!(←そこかよ)

や、あくまで「依頼する」ってだけで「編曲する」とは書いてないけどもね。
もし・・・もしそうなったら・・・

GLAYとかつんが関わる!!(←関わってるか?)

かつかつに出てくんないデスかーーーーーー!!!??
・・・テルとか弄ると面白いよ?(コラ)
もれなくのっぽなリーダーから目線というなのレーザービームが発射されるでしょうが(どういう意味)
もれなく餅っ子4弦さんが(リーダーに)毒吐くかもですが。
・・・や、テレビでは言わない・・・か、な?(言い切れん)

ひむろっくの唄うキプフェ・・・全然違うだろうなあ。
編曲からするということは、アレンジ変わってくるよね?
しかもその編曲、ヒサシがするやもだしーーー!!!

わ、ちょっ、フツーに聞きたい。

だからと言って

別にかつんの唄うのがダメとかイヤとかそーゆーのでは無いデスからね?
ええ、だってキプフェ大好きなんだもの!!

ただ

アレンジがどうなるのか、すっげ気になるんだ(笑)
ほら、根底にあるのがやっぱそっち系(どっち)だから。
特にヒサシアレンジとか大好きだからもー!!(落ち着け)
コヨーテ風になるかな?なるとしたら。
や、でもヒサシは突拍子の無いような事もするからなあ・・・


まあそれは置いといて


氷室さん・・・仁の事を書いてたんですな、キプフェって。
共感して書き下ろしたとか (つД`)゜*.・。*゜
確かに発売決定当時、そんな事言ってましたな・・・

『大人になるという事は、もしかしたら「自分が信じている“Faith”を少しずつ失っていく」という事とイコールかもしれません。そんな逃れようのない、色褪せそうな夢に逆行するように生きる彼らの、不器用で、繊細で、限りなく眩しいエナジーが俺は好きです。赤西君が「自分自身を見つめ直す為にL.Aに住みはじめた」という噂を聞いた時、自分がまだ若かった頃のどうしようもない不安や、焦りや、もどかしさを思い出して、会った事のない彼に心のどこかでエールを送っていました。今回このプロジェクトに参加出来た事を、とても光栄に思ってます』

  おりこん

重鎮にココまで言ってもらえるとは・・・
私的にすっごく感無量、やな。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。